カテゴリ: ◆ ばらさん以外

おでかけmemo 2024.6.15   アクアパークのばら 

103748905
ショップで接客していた、なんちゃってオスカル様。
おさわり禁止 おつかれさまでした~。





イルカショーで幸せになり、パーク内の水槽を堪能したあと
最後にイルカショーの水槽へ戻り、カーテンコール鑑賞。

ウォーターカーテンコール
221134
音楽に合わせた光と水の饗宴。
イルカちゃんはお仕事なしだけど
天井から水が降り注ぐと遊びに近寄る子も。
221245
221449
221511
221535
曲は”You Raise Me Up ”(Celtic Woman)
選曲センスが神様~
222157
ずっと見ていられました。
落ち着く・・・癒される感覚。
221719
日常いろいろあったけど東京で充電できました。
アクアパーク品川さん
コラボしてくれてありがとうございました


aqua


同僚にイルカショー良かったと絶賛してたら
家でだんなちゃんに話したそう。

「〇さんベルばらコラボ見に東京行ったんだって」
「へ。 すみれのは~な~さく~♪ でイルカショー?」

いやいやいや。
だんなちゃんそれ宝塚ですがな






おでかけmemo 2024.6.15

  文月今日子展-四季- 
会期:2024.6.7 - 7.2 会場:旧尾崎テオドラ邸

100520138
豪徳寺駅からトコトコ10-15分、旧尾崎テオドラ邸に到着。
さほど遠くなかった距離感。
線路沿いにきたら豪徳寺裏手から回り込む形に。
034807058
周囲は住宅地でとても静か…入口周辺は工事中。
事前予約制で13時予約のところ10分前に到着。

時刻まで中で待って良いか尋ねたら、空いているからと
ちょい早入場させてもらえることにらっき~
035232653
お昼だったので喫茶室にお客様全員集合の気配。
そのおかげで、思いがけずギャラリーは貸切り状態に
042825035

念願の原画拝見。
一番好きな作品はベルベットローズ。展示あった
ファランドールや歴史ものが特に好きで
ここへ来るのにアレクサンドラを読み返したけど
眼福~~~~~とにかくカラーが絶品!
透明水彩とカラーインク…かな?
カラーインクは経年による退色が難点のはずだけど
色褪せを感じさせる展示画ゼロ。

細部は縮小印刷されたら見えなくなるレベル。
デジタルなら拡大してどこまでも描きこめるけど
丸ペンでカラーインク…かなぁ?どうやって描いたのか。
モノクロ原画もほぼ修正なし美麗

文月先生の作品は、背景の美しさも好き。
写実とは違う絵画的な描写。
キャラに目が行きやすいけど初期の作品から
背景がうまうま~~~もっと沢山見たかった。


ユニークだったのは引き出しに入った展示方法。
家具から引き出し、見下ろして眺める形は
大事にしまった宝物を取り出しているような気分
でも。他の来客がない環境だったので
じっくり眺められたけど、大勢が一度に会場にいたら
細部までゆっくり見ていられないとも思う……難し。
だから時間制入場で混まないよう配慮してるのかな?
長居したかったけど予定が詰まっていたため離脱。
また東京で展示会あるといいな~~。
fumi24615





  Soundtrack Pub【Mission#45】 
会場:スタジオオッタンタ Op15:00 -Cl 20:00

メインの目当ては「牧場の少女カトリ」発売記念!のお話。
ブックレットの画像は、すべてフィンランド風景で
カトリを連想させるものを選び、ライセンス払って採用したそう。

何故カトリ絵が使われてないのか…とか、その辺は
ここだけの話…だったので、メモ書けず。
パブリックドメインの話題にもおよび、そーよねーと納得。

カトリに限らず、見ていた作品がいつの間にか
放映が途絶えてた…というのは既に起きている事。
わかりますわかります。
書籍でも楽譜でもそういうのありましたから。

あとから見よ・あとから買お。は手遅れになるから
本当に欲しいもの見たいものは、都度手を伸ばさなくちゃ!
090124971.MP
G-sessionボーカルさん達がいて声かけられた
ライブ行ったこと言いそびれたので今度会えたら言お

予定が詰まっていたため、こちらも18時で脱走。
美味しいおにぎり食べ損ね。また次回きま~す。






2月11日:フィルフィルコンサートへ遠征


 FILM SCORE PHILHARMONIC ORCHESTRA
『GEKIBAN! —Anime Symphonic Journeys—』
  ミューザ川崎シンフォニーホール

075835490.MP


開演前のプレコンサート目当てで早めに到着。
有志による金管・木管・弦其々のアンサンブル演奏。

『 カリオストロの城』より「サンバ・テンペラード」「炎のたからもの」
『風立ちぬ』より「旅路(夢の王国)」
『千と千尋の神隠し』より「千尋のワルツ」
『ハウルの動く城』より「世界の約束」「人生のメリーゴーランド」

蓋を開けてみたら宮崎アニメ祭のよう。
金管のルパン組にはリズム担当でカホン入ってて、かっちょよ~。
『風立ちぬ』が聴けて良かったナ

18時開演。ステージ上はオケの皆さんでぎゅうぎゅう。
すごい大編成…劇伴という事で電子楽器も参加。
影マイクではなく表に出て司会者さんが進行する形で
主宰の戸田信子さんも登場し楽曲解説等トークもあり盛りだくさん。
これは楽しいコンサート

演奏された曲はみんな良かった!
幅広い年代の作品から選曲されていて知らない曲もあったけど
全部良き!これ選曲センス抜群でしょ~。
知らなくても曲自体、聴きごたえあって素敵なのばかり。
近くの客席に海外からのファンさんがいて
曲毎にテンションあげあげ!気配が伝わってきた
これがフェスだったらその場で踊り狂ってた?


劇伴演奏に合唱付なところが期待通りでパーフェクト。
ヤマトopは声楽家さんが歌うとノーブルな印象になるのね。
進撃の巨人はもう一回聴きたかった~。

演奏会後、X(Twitter)で知ったけど、ベーシストさんは
実際にドラゴンボールを演奏してたご本人さま。
ティンパニさんTwitterのお話では「水星の魔女』の打楽器は
元々打ち込みだったのを譜起こしして演奏してたそう すごかと~


今回一番楽しみにしていたのは攻殻機動隊の『謡』
けど通常の合唱とは、発声から違う曲だからどーするのかな?
それぽく練習してるのかな?なんてぼんやり思ってたら
よもやのまさかの西田和枝社中!オリジナルの御本家登場!!
おまけに特別ゲスト作曲家:川井憲次さんによる解説付き
まさか今になって本物を直に聴けるとは思ってなかったです・・・
この幸せは言葉になりません…感無量。
冗談抜き、この構成でチケット二千円はありえませんよ。。。

フィルフィルいいよという話を聞いて
初めて訪ねた演奏会が、自分にとって神回となりました 良過ぎた
次の夏回は仕事日だから行けるか微妙でチケットとってない…けど
また絶対聴きに行きます。





[Season 1] Beyond the Generations  —熱狂は世代を超えて—

​    アニメ『ULTRAMAN』
より「ULTRAMAN SQUAD - ウルトラマンの戦い」
   
劇場版 ポケットモンスター:ミュウツーの逆襲 
より 「逆襲のはじまり」
    ポケットモンスター
より 「オープニング」
    『ONE PIECE』
より「偉大なる海路へ!」
    『進撃の巨人』
より「紅蓮の弓矢」「Vogel im Käfig」
    令和へ受け継げ!昭和&平成アニメメドレー

[Season 2] Greatest Directors and Composers  —劇伴音楽の素晴らしさ—


    交響詩『ジャングル大帝』
〜白いライオンの物語〜《2009年改訂版》より「ジャングルの朝」
   
映画『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』
より「謡III-Reincarnation」
   
映画『すずめの戸締まり』
より「祈り」「戸締まり」
   
映画『風の谷のナウシカ』
より「風の谷のナウシカ」

[Season 3] Masterpieces of SF Anime  —SFアニメの金字塔—

​    組曲『宇宙戦艦ヤマト』
より「序曲」「宇宙戦艦ヤマト」
    『機動戦士ガンダムSEED』
より「Finale 第十章 闘いの果て届けられた想い」
    『機動戦士ガンダム 水星の魔女』
より「The Witch From Mercury」
    『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズ
より「Battaille Decisive (EM20)」
  「The Ultimate Soldier =3EM05=」「4EM30 what if?」




おでかけmemo 半・分解展2023 (7)

この秋行った『半・分解展』
わたくし18世紀部分にべったり貼りついていたため
それ以降の近代部分はほとんど写真撮ってませんでした。
とゆかろくに見てなくて。時間足りなさ過ぎ~~~

レクチャー参加は1回だけでしたがとても面白かったです。
アビなどは意外とコンパクトで、シャツのように平面的に畳めるとか
(オスカルさんのクローゼットは広くなくても平気か?と勝手に妄想…)
アイロンだけで生地を造形する技能とか盛りだくさん。
紳士服以外も参加したかったですネ
h1

思い出を全部記録しておきたかったけど
ひとまずは18世紀分だけで終了。
19世紀以降の服飾のお話も面白かったです~。
ミシンが登場すると「古い技術(手縫い)ではありません」
「最新です」アピールで過剰に縫われていたりとか


今回スマホで写真撮りまくりましたが
googleフォトからまとめてDLしても開けられない状態で最後まで四苦八苦。
結局ひとつひとつDLしてからブログ用に小さく縮小。
スマホっておっそろしいサイズで撮ってましたのね。
個々のサイズが大きすぎてPCが負けちゃいましたヨーー


服飾アンティーク物件、展示だけなら他にもあるけど
裏側や細部まで、それも手にして体感できるのはこちらだけ。
専門に勉強してるわけではない素人の私でも、貴重な内容でした。

半分解展
再び開催されたら絶対行きます!









おでかけmemo 半・分解展2023 (6)

18thドレスチ~ム
041902119.MP

ローブ・ア・ラ・フランセーズの装飾。
なにやら金属ぽい素材だったので、主催様に質問したら
どうやら後の年代に足されたものらしくあらま
041931838.MP
プリーツの背中内側の縫い目に興味津々
たたまれた襞が広がっていかないように縫い留めてある?

突発レクチャーでプリーツ部分の型紙拝見。
これで半身(…だったはず)生地のボリューム半端な~い
44044167.Mp

ロザリーのポッケ部分どのドレスもこんな感じなのネ。
見えてるのはパニエ?の生地模様。
041919863.MP

ピンクの10年後、1760年代製のローブ。
043915389.MP
胸元のぞき見ちゃん。なかなかごっつい金具アリ
043802428.MP
それを脱がし脱がしーの
044341581.MP
ぺろりんちょ。内側ご紹介。
背中側でもサイズ調整できる設え。
044256722.MP

ローブ・ア・ラングレーズ
手縫いなのにこのギャザー…鬼やわ
042746892.MP

このドレスはフィシューの優しさが好み
042827727.MP
このドレスに合ってる
042911115.MP

何点か刺繍し忘れポイントがあるよ、と
ドレスレクチャーを聴いた通りすがりの美女さんから拝聴
袖の内側、見事にライン引いただけ。
イギリスものだし宮廷服じゃないから未完成部放置したのかなぁ。
042555825.MP
織物でなくドレスに刺繍というのも少数派なんじゃないかな?

少数派といえば、バックヤードから取り出して見せてもらった
19世紀ドレスはウール素材にプリントされている珍しいものだった。
プリントものは綿素材と思い込んでたけど、こういうのもあったのネ









つづく










おでかけmemo 半・分解展2023 (5)


ブリーチズ=キュロット
18c
こちらも本物見られるのね~と期待して会場IN。
あるある~ と近づいてみたら違いました。
キュロットの次、長くなってからの二点。素材はスウェット。
042127889.MP
横にはサンキュロットのコート。
もこもこして手縫い感ありありの縫い目も素朴。
042030543.MP

長ズボンちゃん。
ギロチンの標的にならないよう、伸びたけど
ふくらはぎカーブをわざわざつけて強調してる。
それまでのふくらはぎ美学を何が何でも死守!
_025007390.MP

041641685.MP
この形↑フォールフロントというそう。オープン↓ 
024603865.MP
後ろでサイズ調整できるぽいけど…紐は見当たらなかった。
左側にあった19世紀ストレートパンツはサスペンダーで吊るタイプ


アンクロワイヤブル伊達男くん
035812146.MP
のお尻ご紹介いただき。たっぽたぽぽ
024412139.MP
コレ初めてきいた時は えー!?でしたわ

ロココからのキュロット。
ふくらはぎを目立たせるため、膝できっちり留めてたけど
そうすると、そのままでは歩けないそう。
どこかにゆとりをもたせないと生地がひきつれ足が動かないのね。
023437792.MP
布だけ状態でも、こんなに たぷたぷ。。。
一方、復古期の貴族さまも、たっぷたぷで おむつみたい。
024133937.MP

でも上衣を着てれば全部隠れちゃう。
024139785.MP
コートあってこそのキュロットでしたか










つづく





おでかけmemo 半・分解展2023 (4)



会場でチェックし忘れたこと
  
プリーツの襞を数えること<あほ?
035506101.MP

ということで?後ろ姿四人衆
センターベントにある横線デザインはボタンホールだとか。
b1

b2
左アビは革命前のゆったり調。プリーツた~っぷり。
右アビは革命勃発後もので、すっきり調

sode
ジュストコール袖部分。
円錐形に袖口に向け、徐々に幅を広げていくものもあるけど
復元した型紙で解説いただいたバージョンは、袖は細いままで
補強として三角の生地をプラス繋げたやり方だったそう。
巨大カフスを引き立てるためなら、努力や工夫も厭わず。。。



ボタン帖 
芯として木の土台。それを金糸やメッキキで加工。
ジュストコール時代は豪奢、アビになると優雅という印象ネ 

   ジュストコール                      ウェストコート
bot1

  ↓アビ・ア・ラ・フランセーズ                フロック(コート?)
bot3
   ↑キュロットのボタン                   サンキュロットのコート


生地を合わせたくるみボタン可愛い革命後の方がオシャレに感じる

  アンクロワイヤブル                   アビ・ア・ラ・フランセーズ
bot2
  アンクロワイヤブルのベスト              アビ・ア・ラ・フランセーズのベスト
    






つづく





おでかけmemo2023.11.19


アン・コンサート前にダイバーシティへ 。 
お目当て…いたいた
054934917.MP
ユニコーンガンダム。
周囲は海外観光客らしき人だらけ。
被写体としては後ろ姿のメカメカしさが良き
055401797.MP
また人が集まってきた…と思ったら音楽が流れショー開始。
作品未見なので、どういうシチュエーションか分からないけど
ラスト一本角になって終了。
あ~ほんとユニコーンなのね~
060247586.MP
”実物大のガンダム”を体感したかったので満足デス

次に日テレ大時計へ。
064317199.MP
宮崎駿監督監修のからくり時計。おおおきいわ~
064439308.MP
細部はハウルの城を連想させる印象。
064454821.MP
夜は点灯するようだし次は動くところが見たいなぁ






赤毛のアン アニメコンサート
第一生命ホール 2023.11.18


コロナ禍で延期されていたコンサートがようやく開催
アニメ”赤毛のアン”シリーズを再編しスクリーンに上映
それに合わせ歌と楽曲を演奏するコンサート。
082554685.NIGHT

アンがプリンス・エドワード島へ、船で渡ってくる場面から演奏開始。

音が豊か…で初っぱなから、じんわり感涙。。。
ワタクシ自然描写の豊かなオケの音に弱くてですネ…はわわ

フルオーケストラじゃなかった事に、あら?と思ったけど
始まったら、残念感少々はあっさり吹き飛びました。
全然薄いとこなんてな~い。たっぷり味わえて素敵萌え

驚異的だったのは主題歌等担当・大和田りつこさんの歌声。
44年前と印象がまったく変わらない!こんな事あるの!? あったんです
通常、高音がでないとか伸びないとか変化があって当然のところ
当時と遜色ない歌声なので、オリジナルに親しんでいる聴衆でも
脳内でチューニングする必要がありませんでした。ノンストレス!凄過ぎ


公演は二部構成。休憩をはさみ第二部の最初に
大和田さん・山田栄子さん・司会さんによるミニトークがありました。
ちなみに大和田さんは複数回登場する度ドレスチェンジ
山田さんは薄い青系ワンピに、白の編上げブーツ(ヒール付)
アンワールドに寄せてた印象。

アン役山田さんに「最初の頃の声をきかせて」と無茶振りする大和田さん。
「グリーンゲイブルズのマシュー・カスバートさんでしょ?」の台詞に
どよめく会場 山田さんも当時と変わらない可愛らしさでした。
これ打ち合わせなしだったらしいので聴けて超ラッキ~

恐ろしい事に山田さんは、コンサート三週間前、映像に合わせて
アンの台詞を一部吹き替えていたとか はあっ!?
当時の台詞と今回入れた台詞、まったく違和感ありませんでしたよう。

裏話も楽しかったです。
劇団に所属していた山田さん、オーディション行けば二千円貰えると言われ参加。
お二人とも御自身の個性が採用の決め手になったみたい。
なんとなくわかる気がする~~声や演技がただ「綺麗・可愛い・上手」だけでは
アン世界を表現するには足りないのよネ。

当時、所属劇団では台詞もあまりなかったからオーディションは楽しくて
もーなりふり構わずやれたけど、いざ収録では他の演者さんもいる環境下で
アンがリンド夫人に対し、怒ってまくしたてる場面ではパワーがだせず
一度だけ監督から直接指導されたそう。
「オーディションの演技に合わせてアニメを作ったので同じ演技でないと困る」
高畑監督、頭カキカキ

最初は綺麗な絵がついたフィルムに声を入れていけたけれど、徐々に絵がなくなり
赤線がアン・緑線がマリラの棒線状態(絵無)で演技しなくてはならなくなったとか。
昭和アニメあるあるですね

演出家さんの配慮(仲良し作戦)で、毎回山田さんが、マリラ役北原さん宅へ
台本を届けに行き、お茶を御馳走になっていたそう。


今回編集された映像は、アンの成長とマリラ・マシューとの関係を主軸に構成。
一年モノの作品を二時間弱に短縮した力業で、最後がさっくりまとめた
感じはあるけど、上々だったのではないでしょうか

終幕は音楽にのせ、山田さんによるアンの手紙ナマ朗読。←むっちゃ貴重!!
大和田さんの歌。最後にフルでエンディング「さめない夢」歌唱。

自分、も~これでノックアウト。胸いっぱいで撃沈
スクリーンでは映像に合わせて、コンサートスタッフの
エンドロールが流れてて、凝ってる~と気づき
必死にそれを追いましたけど頭の中に入ってこない…曲で窒息しそう
んもーいっぱいいっぱいで顔にハンカチあてて見苦しくないようするのが精いっぱい。
おかげで拍手もできない始末  タオル持ってくればよかったヨ。。。
我ながら今公演、ここまで魂持っていかれるとは思っていませんでした。

※最後アンコールで主題歌「きこえるかしら」歌唱


帰宅後もゆるゆる思い返してましたけど、自分の場合
赤毛のアンファンとまでは言えないんですよね。好きではあるけど。
だから終盤、マシューの最後場面で泣かされたのではなく。

アニメ名作シリーズの中で、赤毛のアンの楽曲が一番好きで
それを聴きたくて、チケットをとって貰ったこのコンサート。
ファンという程でないという事は、我が心の特等席にあるベルばら程には
特別なこだわりはないという事で、だから…たぶん…純粋に?
音楽の魅力に圧倒され、呑まれちゃったんだと思います。…たぶん。
今後、コンサートでこんな体験することあるのかなぁ?

最後にちょっぴりマイナス点を。
映像に合わせナレーションや台詞がところどころ入る形でしたが
ちょっと音声が大き過ぎました。
声で演奏が聴こえない(曖昧になった)部分が所々あり残念でしたので
個人的には音声のボリューム、この半分でよかったくらいの感覚。

あと会場が小さい。
これすっごく勿体なかった!
二回公演あったけど、このコンサート聴けた人、二千人いないんですよ。
とてつもなく良いコンサートだったのに、なんて勿体な~~~い。
再演は…難しいかな?
もしあったら、次はバスタオル持参で参ります










おでかけmemo 半・分解展2023 (3)



ジュストコール の ひらひらちゃん
034428987.MP
巨大カフスが重々しい一方
胸元の繊細なひらひらさんに目がいきます
034731534.up
おさわりOKな展示ということで
初めての接触はこちらを ぴらり。。。
034523195.MP
なるほろ~縦に縫い付けてある
けど、もちょっとよく見たい。
全体どうなってるか見たいけど
薄く軽く繊細な生地なのが伝わってくるので
傷めるのが怖くてこれ以上は動かせません... 繊細ちゃん…

などと逡巡していたら翌日がっつり見えました
040546057.MP
上着を脱がせている所へ遭遇

ボタンホールはあるものの今回、首元はピンで固定。
丈は結構長く、けど胸くらいまでの開きで筒状みたい。
かぶって着るタイプ。
前も後ろもいたる所ギャザーよせまくり!細か~~~い。
040642902.MP
布を裁断することなく体に沿わせられるように…とのお話し。


生地たっぷりなところへ上着着ても、こちら薄く軽いから
中でごたついたりは、そんなしないかな?
形がよくわからなかったけど、脇の下は補強されてました。
040645285.MP
(写ってる手は前列の奥様方)
人気でしたね~ブラウスの御紹介。
それなりにしっかり見る事できて良かったデス。
欲を言えるなら、もっっっと見たい

こちらは紳士もので、この後バックヤードから
婦人ものブラウスも持ってきて見せていただけましたが
貴族クラスの紳士ものに対し、婦人ものはブルジョアクラス。
触らなくても生地の違い(質感)がわかりましたよー。ゎぉ~~







つづく






このページのトップヘ